イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

杉の厚板の床

この暑さに負けるな!
熱帯地域に突入してしまったぞ!と言えるような日本において、それでもなお、
「自然室温で暮らせる家」を目指す「びおハウス」
富士市の平屋のパッシブソーラーの現場です。

びおハウスで、暑さ寒さをしのぐためのアイテムが、何回もご紹介させていただいております、北海道の間伐材から作られた木質繊維断熱材です。

s-13082001

屋根に24cm、壁に12cm、隙間無くビッチリ入っております。
実際、この状態まで来ると、建物の中に入ると、大分暑さをしのいでいるのを実感出来ます。
もちろん、エアコンが効いているような涼しさではありませんけど。

よく見ると、床も既に張られています。
厚さ3cmの杉の床板です。

s-13082002

社員大工の丸山が、汗をかきかき施工しています。

他の現場も同時に何件か回っている私は、まだ断熱工事が終わっていない他の現場より、明らかに涼しい、というのを感じられるのですが、この現場でずっと仕事をしている丸山は、既にそれを感じられず、「暑い・暑い」と言っております。

でも、実際かなり涼しいのですが…。
それはまた明日のお話しにしましょう。

s-13082003

貼っているのは、国産の杉の厚板。
今年は、木材ポイントが付きます。

新築の場合、床に国産材を使うと、
9?まで、21,000ポイント(リフォームの場合、30,000ポイント)。
以降3?増える毎に、7,000ポイント(同、15,000ポイント)、
が、付きます。
有効に使いたい所ですね。

さてこの床、

s-13082004

s-13082005

こんな感じに、建具が納まる溝も同時に突きながらの施工です。
なかなか芸の細かい仕事で、暑いのに大変です。
でも、社員なので泣き言を言うと怒られます。
頑張れ丸山!

s-13080820

2013年08月20日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.