イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

骨から矯正 リノベーション

子供達は今週から夏休み。
邪魔者が増えますが、張り切って参りましょう!

本日も、富士宮市のリノベーションの現場風景をご紹介させていただきます。

s-130722 (1)

お!屋根が無い!

そうです。
屋根は、そっくり解体してしまいました。

二階の左側部分は材木の色が白いですが、ここは新しい梁で、ベランダ部分に屋根が伸びてきて、雨が降っても洗濯物が濡れないように変更しています。

s-130722 (5)

写真を見ると、屋根なのに床があります。

s-130722 (2)

上の写真は、屋根解体前に、二階から天井裏を見上げた所です。

s-130722 (3)

この写真は、アングルが違いますが、こんな感じで、小屋裏の軒の高さの部分(二階の天井部分)に、新しく床が出来ました。

別に三階建てにしようというのではなく、先週末にもご紹介させていただいた通り、耐震性を高めるために、水平構面を作った所です。
さらにこの上には、24cmの木質繊維電熱材も載るので、その下地も兼ねています。

s-130722 (4)

そして、再び新しい屋根を作っています。
既存は複雑な寄せ棟でしたが、新しい屋根は、次世代パッシブソーラー「そよ風」システムの集熱面にもなるため、シンプルな切り妻屋根にしています。

s-130722 (6)

右手前は一階の下屋の屋根ですが、既存では、四寸、五寸、五寸五分と、三種類の勾配が混在していたため、建物の全体のバランスも考え、この下屋部分の屋根も一度解体して、勾配を合わせています。

骨組みから整体矯正し、美しく頑丈な建物に生まれ変わるような工事をしています。
まさに、お化粧直しのリフォームではなく、建築当初よりも性能を上げる(断熱性・耐震性・居住性を飛躍的にアップ)、リノベーションです。

s-130722 (7)

見た目は楽しそうですが、現場は暑さとの闘いです。
頑張れっ!

 

dorodango201307
      ※午前中の部は満員御礼で、ご予約は午後のみとさせていただきました。

2013年07月22日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.