イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

軽井沢お勉強紀行 蛇足

昨日まで全4回のシリーズブログだったのですが、本日は、そのおまけ、いや、「蛇足」です。
昨日書いた、私の「夜の苦悩」が、その後どうなったのか、恥を忍んでご報告です。
以前にも書きましたが、秋山設計道場のスケージュールと秋山先生のご指導はスーパーハード。
毎回、帰りの新幹線は、”げっそり”なのです。
(過去ボコボコにされた記録その1その2
それもそのはず、秋山先生曰く、
「設計とは『知る』ことでも『分かる』ことでもない。
それは、あくまでも『身に付ける』こと、武道と同じく修業することなのである。
その場こそ道場なのである。
設計道場は LEARNING というよりも TRAINING の場。

…汗。
さて、今回どうしましょう?
私は、次のように考えました。
同じ敷地に建つ、複数家族向けの大きな建物+単家族向けの建物、に加えてさらにもう一棟。
  ↓
この二棟にはない特徴の建物…。
  ↓
若いカップル向けだ!
  ↓
テーマは「エロ」。
至って大まじめに。
  ↓
でも、「テーマはエロです」って発表したら、怒られるよな…。
  ↓
でも、毎回真面目にやってるけど、毎回ボコボコにされてるよな…。
  ↓
じゃ、同じかっ。
怒られても良いから、真面目にエロを考えよう!
s-130620 (1).jpg
で、三時間でひねり出した私のプレゼンシート(A3)。
小さくて見えないと思いますが(拡大する勇気はない)、3.5間×3間の平屋+ロフト、ポイントは半分屋根の上の、星を眺めながら入れるお風呂。
結婚が決まってから、家内と出かけた軽井沢旅行を思いだし、気分は10年以上前の新婚カップルで…(爆)。
恐る恐る「テーマはエロです」と発表をすると、
秋山先生は開口一番、
「なんで3.5×3間なの?」
…え?
何故って言われても、プランがそうだからとしか…(心の叫び)。
心を見透かす様に秋山先生はたたみかける。
「なぜ3間角にしないの?
 なぜ『3間角で設計するぞ!』って思って設計しないの?
 3間角の方がもっとエロぃじゃない!
 ソコが君のダメなところだよ!」

…撃沈。
もぅ、泣いちゃうぞ。
席に戻り、
「だって3間角だと狭くなっちゃうんだもん…。
 最初は3間角にしようと思ったんだもん…。」
と、心で泣きながらプランを再考してみる。



あ”! 3間角で納まる。
というわけで、会社に戻って3間角でメモってみたもの。
s-130620 (2).jpg
この建物の善し悪しは別として(やっぱりあそこには何も建てたくないな…)、確かに、わずか三尺、間口を小さくしただけで、より、あの敷地にフィットするだろうし、何より、より、エロぃ。
それにしも、一瞬でソコを見抜かれるとは…。
やはり、秋山先生は恐ろしい人だ。
しらふの時は近づかない方が良いのだ…、そんなことを思うのでした。
Fin
s-130610 (5).jpg

2013年06月20日

Post by 鈴木 克彦

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.