イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

実験大好き、実験くん!2

先週何やら作っている風景をご紹介しましたが、その作ったものを使って、会社でミニ実験をしました。
s-130604 (1).jpg
社員食堂で話題のタニタ製ののデジタル温湿度計を三つ用意。
実験前の温度と湿度は左からそれぞれ、
24.3℃-54%、24.3℃-52%、24.4℃-53%、
を示しています。
一個千円もしないのに三つがほぼ同じ数字ですから精度良いですよね。
s-130604 (2).jpg
このデジタル温湿度計を三つの実験箱に入れます。
三つの実験箱は左から、
【A】床:化粧フローリング、三方の壁:プラスターボード下地ビニールクロス仕上げ
【B】床:無垢の桜材に米ぬかワックス仕上げ、三方の壁:同上下地自然素材珪藻土
【C】床:同上床にウレタン樹脂コート仕上げ、三方の壁:同上下地合成樹脂入り珪藻土
です。
実験くんの助手である、実験ちゃんが温湿度計と一緒に入れているのは、電気ポットの95℃のお湯を入れたコップです。
s-130604 (3).jpg
そして、すかさず蓋。
蓋の隙間から空気が出入りしにくいように、実験箱の上側には、コンプリバンドという定型シーリング材を取り付けています(写真でグレーに見える部分)。
蓋はプラスターボード下地に、それぞれ、【A】ビニールクロス、【B】自然素材珪藻土、【C】合成樹脂入り珪藻土です。
つまり壁と同じです。
正面を観察用の窓とし、小さな部屋をイメージして、真夏のムンムン蒸し暑い時、を何となく再現してみたわけです。
で、結果はどうなるか…?
それは明日に続きます。
そうそう、ネット新聞「びお」で、ちょうど珪藻土のお話しを取り上げていますので、こちらも是非お読み下さいませ。
今回の実験で、珪藻土の種類が違いますが、何がどう違うのかが分かります。
参考リンク:ネット新聞びお【麦秋至・麦とビールと珪藻土の話】
珪藻土のお陰で生ビールが飲める、と言うお話し。
発泡酒しか飲まないけど…。

2013年06月04日

Post by 鈴木 克彦

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.