イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

びおハウスM#2 無事上棟完了!

自然室温で暮らせる家を目指す『びおハウス』
建築家の村松篤氏とのコラボの『びおハウスM』、昨日・一昨日の建て方作業で無事上棟致しました。
二日間は現場でスマートフォンからのアップでしたので、本日はもう少し詳しく、さらに動画入りでご紹介させていただきます。
s-121207 (1).jpg
まずは、青空をバックに、この一枚から。
梁は吉野杉。
美しいっ!
もう言葉は要らないでしょう。
s-121207 (2).jpg
アングルを変えて、上から二階の床組を見ています。
二本の6寸角の吉野桧の通し柱。
びおハウスMの特徴は、この二本の柱だけが室内の柱。
外周部だけでガッチリと建物を固めて、内部はこの二本の柱だけなので、間取り・間仕切りが自由自在に変更が出来ます。
だから、長い期間で見た時に、自由度が高く、家族構成の変化に柔軟に対応が出来ます。
s-121207 (3).jpg
s-121207 (4).jpg
こちらは二階の天井部分。
ここもしっかりと固めてしまうので、まるで、六面体の丈夫な箱が出来るわけです。
「内部に柱二本だけで大丈夫…?」
と聞かれれば、
「許容応力度設計で、その家毎個別に構造計算をし、最高ランクの耐震等級3を取っているので、全っ然、大丈夫です!」
と、自信を持ってお答え致します。
s-121207 (5).jpg
で、その二階の天井には、まるで茅葺き屋根のように、24cmとぶ厚い木質繊維断熱材が施工されます。
s-121207 (6).jpg
この木質繊維断熱材の施工。
自然室温で暮らすためのキモ、なんですが、お施主様も見えないし、写真の絵柄は地味だし、そのくせ結構大変だし…、
ということで、その努力を動画でアピールさせていただきます。

「明け方雨」
の悪魔的予報に、10m四方の大きなブルーシートで養生したお陰で、
s-121207 (7).jpg
結構ガサガサ降られたのに、二日目の作業開始の頃には雨も上がって、木質繊維断熱材も建物も濡らさずにすみました(ホッ)。
s-121207 (8).jpg
屋根も無事まとまり、無事作業終了。
屋根には、幣束という棟札を納めさせていただいたのですが、記念にと、お施主様に一筆お願いしたところ、
「この家が、末永く住まわれ…」
と言う主旨のことが幣束には書かれておりました。
身が引き締まる思いです。
『永く、安心して住めること』
それが家造りで一番大事なことだと思っておりますが、「長持ちする家にしたい」と、お施主様が希望し、マクスをそのパートナーとして選んでいただいたこと、その信頼にお応えするように、竣工まで(その後のお付き合いも無論ですが)、社員・職人、力を合わせて頑張ります!
お施主様、二日間有り難うございました、そして、おめでとうございます!

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.