イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

2014薪ストーブ煙突掃除3

チムチムニー チムチムニー チムチムチェリー♪

マクスでは、社長の鈴木が設計させていただいた薪ストーブユーザーのお宅へは、毎年煙突掃除にお邪魔しております。
そんな煙突掃除ネタです。
でも、本日は、ダメダメの悪い例でございます。

富士市のマクスの煙突掃除

お客様宅ではなく、会社の薪ストーブの煙突トップを外すと、すごいススの量。
ギクっ…ヤな予感…。

ブラシを突っ込むと、下で悲鳴が…。

煙突掃除をしないと危険

オーマイガーっ!
なんてことでしょう!この灰の量ってば。
今までやった煙突掃除で最悪です。
今回だけ特別悪い薪を燃したわけでもないのに…。

原因不明です。
ただ、この量からすると、おそらく煙突は、こんな危険な状態になっていたと思われます。

こちらの煙突は会社の煙突だから、まぁ自業自得として…。
煙突掃除を通して、こんな危険がないかを毎年チェックして回るのが私のお仕事です。
その甲斐あって、お客様の煙突でこの様な状況だったことは一度もありません。

薪ストーブは、乾いた薪を適正温度で燃して始めて、二次燃焼(イメージとしては、炎が上がった後の煙を、再び最後まで焼き切る)がおこり、煙や臭いが煙突から出なくなります。

乾いていない薪を燃したり、十分に温度が上がらないまま、とろとろ燃やし続けたりすると、煙突内にススやタールがこびり付き、それが『コレステロールが血管を詰まらせるの』のと同じように、どんどん詰まってゆきます。

その詰まりに火が付くと、煙道火災という非常に危険な現象が起きます。

正しい使用と、定期的な掃除で、これは確実に防ぐことが出来ます。

 

 この記事は、マクス辞典用に再編集しました。 15.11.18.

2014年10月08日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.