イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

三島市 木造三階建ての「びおハウス」着工

「びおハウス」って何ですか?
とよく聞かれるのですが、きまった形があるわけではなく、ましてやフランチャイズでも規格住宅でもありません。

「びおハス」と、自然室温で暮らせる家を目指し、マクスが加盟する町の工務店ネットのメンバーで考える、これからの家づくりの一つの考え方です。

きまった形はないので、富士市の平屋の家があったと思えば、三島市で始まっているのは、木造三階建てです。
さっそく現場風景をご紹介させていただきます。

s-130723 (1)

重機がたくさん入っていますが、これは、地盤改良工事をしている所です。

地盤調査の結果、残念ながら、深さ約3m弱のところまで、軟弱な層があるため、地盤補強工事をすることになった次第です。
ただ、この工事によって、万が一建築後に建物が傾くようなことがあった場合には、全額工事費が出る保険に入れるので、その意味では安心代、と言えるのかもしれません。
(と言っても、お施主様にとっては痛い出費には違い有りませんが…)

s-130723 (2)

構造計算を終えた建物の基礎と照らし合わせ、地盤補強ポイントを決定。
ドリルでグリグリ堀ながら、セメントミルクと撹拌して、地中に杭状の堅い塊を作ってゆきます。

s-130723 (3)

工事の様子は、現場監督ブログで城内監督もご紹介しておりますので、興味がある方はご覧下さい。
また、以前に作った動画も貼り付けておきましょう。

で、頑丈な地盤が出来たら今度は、

s-130723 (4)

頑丈な基礎。
暑い中頑張る職人に、
「マクスさんの基礎はいつも頑丈すぎない?こんなにやるとこないよぉ?」
と言われたりしますが、私も故意にオーバースペックにしているわけではありません。
耐震等級3(建築基準法の1.5倍)で構造計算をすると、基礎もこうなるわけで…
などと体感温度が上がるくどい説明を職人にもして、頑張ってもらいます。

現在の写真は、白蟻防止効果のある防湿シートを敷いた上に、捨てコンクリートという、施工をしやすくするためだけの、強度には関係ないコンクリートを流した状態です。
施工がしやすければ当然精度も上がり、構造計算通りの強度を出せます。

s-130723 (5)

本日ご紹介したのは全て見えなくなる所ですが、見えなくなる所ほど大事です。
再来週には、いよいよ上棟。
構造見学会は予約制で行う予定です。

 

dorodango201307
      ※午前中の部は満員御礼で、ご予約は午後のみとさせていただきました。

2013年07月23日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.