イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

見学会前追い込み風景もっと小出し-1

富士宮市の 『びおハウス』 ダブルソーラー仕様のお宅、完成見学会まであと10日。
見学会前という事で、本日も、写真を小出し、させていただきます。
本日はこちら。
s-130409 (1).jpg
何をやっているのでしょうか…?
それは、見学会で是非ご確認下さい。
ヒントは、ワンッ!?
うってかわって、こちらは…
s-130409 (2).jpg
こんな部屋あったか…?
そう、ここは屋根裏(小屋裏)。
ただし、ここは居住スペースでも荷物を置いたりする納戸でもありません。
ただの小屋裏空間ですが、パッシブソーラーシステムのメンテナンスや、電気関係のメンテナンスのために、作業用の床を組んであります。
天井に電線が沢山走っているのは、太陽光発電のケーブル。
中央のメタリックな装置は太陽熱利用のパッシブソーラー。
光と熱のダブルソーラーなのは、この一枚でも分かります。
写真に写っている人影は電気職人。
几帳面に最後の結び工事中。

太陽光発電は、オール電化契約で、日中電気代が高いときに発電して売り、深夜電力の電気代が安いときに使う、
から家計に優しいという、トリック。
発電したそばから使ってしまっては、全然元が取れない。
まして、発電した電気を夜使えるわけでもない(高い蓄電池が有れば別ですが)。

今回は、そのあたりの是非は別にして、
もし!
中南海大地震が来て、電気が何日も止まったら…?
太陽さえ出ていれば日中、15アンペアまでなら、今回のお宅では専用コンセントが使えます。
色々な電化製品を同時に使う事は出来ないでしょうが、排他的で有れば炊飯も出来るし、テレビやラジオで情報収集、ケータイやパソコンの充電なども可能。
そしてさらに、配線を工夫して、この非常用コンセントでパッシブソーラーも動くようにしました。

これで、真冬に何日も停電しても、取り敢えず死ぬほど寒くなるような事はない。
一つの危機管理としての意義は大きいかなと思います。
s-130326 (2).jpg
s-130408 (3).jpg

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.