イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

シックイのひび割れ補修

このところ、左官仕事の事を沢山書いております。
「もう、飽きた…」
「もう、うんざり…」
という方、申し訳ございません、私、しつこいんです…。
というわけで、本日も、左官についてです。

外壁の左官の代表と言えば、やはりマクスではシックイ。
合成樹脂を含まない自然素材100%のシックイだから、静電気で汚れをくっつけ、自ら汚れてゆく、なんて事もなく、何年経っても美しい白い壁。
でも、やはり気になるのは小さなひび割れ。
合成樹脂が入っていないので、
s-130322 (1).jpg
こういう小さなひび割れが発生する事が無いとは言い切れないのも事実。
で、写真は実際にお施主様のお宅で、そんなヒビが出てしまったところです。
s-130322 (2).jpg
ちなみに、こちらは小さなお子さんが、一人でドアを開けられるようになって、
「ガツッ」「ガツッ」
と、ドアを壁にぶつけてしまったところ。
ま、お子さんはドアが壁に当たると傷付くなんて分かりませんから(笑)。
というわけで、私がちょこっと補修に行ってきたので、ご紹介致します。
s-130322 (4).jpg
ホースで水を掛けて補修部分を濡らします。
埃を取り、補修用のペースト状のシックイがなじみやすくなるようにです。
写真は一回目をやったところ。
もうかなり目立たなくなりました。
黄色い矢印の所です。
よく見るとまだ分かります。
s-130322 (5).jpg
二回目に仕上げ補修(矢印の付いた写真と同じ部位を撮影)。
綺麗になりました。
肉眼だと、よく見れば分かるんですけどね。
s-130322 (3).jpg
補修完了。

合成樹脂が入っていないので、小さなひび割れが出る危険は高いのですが、もしヒビが出ても補修はずっと簡単。
この辺も、自然素材100%のシックイの良さだと思います。
sb-130301 (2).jpg

2013年03月22日

Post by 鈴木 克彦

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.