イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

珪藻土仕上げ

本日も引き続き、自然室温で暮らせる事を目指す『びおハウス』のWS仕様のお宅から現場風景をご紹介します。
昨日の続きです。
s-130314 (1).jpg
こちらのお宅の仕上げは『珪藻土』。
でも、世に珪藻土と呼ばれる商品は数多あれど、この珪藻土はちょっと、いや、かなーり、違います。
「本物」のみが持つ”違い”があります。
上の写真からも、実はその”違い”は、はっきり見て取れます。
天井面・右側の窓のある面・左側の掃き出しのある面、
この三面、全て色が違うと思いませんか?
でも、実は、同じ珪藻土なんです。

コーナーをビシッっと綺麗に納めるため、塗る順番を変えています。

最初に天井を仕上げ、
それが固まったら、右側の窓のある面を仕上げ、
それが固まったら、左側の掃き出しのある面を仕上げています。
すると、上は完全に乾いて固まっており、
右側の窓のある面は乾きかけ、
左側の掃き出しのある面は塗って間もないので、その色の違いです。
s-130314 (3).jpg
というのも、この珪藻土は、セメントの袋のようなものに珪藻土が、
カラカラに乾いた土として入っているだけなので、上のように、現場で左官屋が水と混ぜて、
ちょうど良い堅さに練り上げてから使うので、
その水の乾き加減で、壁の色が違うというわけです。
そして、この珪藻土の性能を証明する事にもなるのですが、入れる水の量が半端ではない。
職人が、
「こんなに水入れるだねぇ」
と驚くくらい。
その水が乾いて仕上がるわけですが、この珪藻土は、合成樹脂などを含まないため、
いわば本物の、ただの土壁。

何年経とうが、水をビチャビチャかけてれば、また元のドロドロ状態に戻ります。
それだけ、もの凄い調湿性がある、という事に繋がります。
その辺は、以前もご紹介しておりますので、下記でご覧下さい。
(過去ブログ:湯布珪藻土

もちろん、その性能を担保するのは、しっかりした下地でありまして、
s-130314 (4).jpg
下地を丁寧に施工し、最初の写真でご説明したように、手間を惜しまず丁寧に仕上げると、
s-130314 (5).jpg
こういうところも、ビィシィッ!っと仕上がります。

【CM】今月のイベント情報
sb-130301 (1).jpg
sb-130301 (3).jpg
sb-130301 (2).jpg

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.