イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

木質繊維断熱材の施工

昨日の基礎断熱に引き続き、本日も寒いので断熱のお話しを。
「自然室温で暮らせる家」を目指す、「びおハウス」の、こちらは太陽熱暖房と太陽光発電のダブルソーラー搭載のお宅です。
次世代パッシブソーラーの「そよ風」も搭載していますが、せっかく屋根から暖かい空気を室内に取り込んでも、家自体の断熱性が低かったら、ちっとも温かくなりません。
s-121212 (1).jpg
屋根と壁には、北海道の間伐材から作られる、木質繊維断熱材の密度を60kg/m3に高めた特注品が施工されています。
断熱性が高いのは勿論ですが、木の繊維なので高い調湿性のがあり、高密度なので熱容量が高い。
と書くと難しいのですが、要は、茅葺き屋根のような夏涼しい住宅を目指しているわけです。
(ま、今は冬ですけど…)
茅葺き屋根を例に出したくらいですから、屋根には、この木質繊維断熱材が24cmとぶ厚く入っとります。
壁には12cm。
s-121212 (2).jpg
そして、いくら良い材料を使っても、正しく、丁寧に施工しなければその性能を引き出すことは出来ません。
s-121212 (3).jpg
例えば、この様な斜めの部分にどうせこうするか、とか、
s-121212 (4).jpg
換気口のダクトなど、
s-121212 (5).jpg
隙間無く施工出来ているか、など。
こういうのは、構造見学会でしか分かりません。
構造見学会だと、素人の方でも、何となく丁寧に施工されているな、とか、フィーリングで分かります。
完成見学会だと、ディスプレイやレイアウトやスタッフの対応力など、本来は家と関係ないところで家の善し悪しが判断されてしまいます。一般の方には。
だから、構造見学会の方が大事。
じゃ、いつやるの…?
すみません、まだ詳しい日程決めていません。
来月やります。
日程決まったら携帯にメール届きますので、左のバナーから、携帯メルマガ会員登録を是非是非。

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.