イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

びおハウスM 完成見学会に向けてラストスパート 3

富士宮市で工事中の、自然室温で暮らせる家を目指した『びおハウスM』は、いよいよ明後日・明々後日の1,2日が完成見学会。
s-121109 (9).jpg
今日の追い込み風景はこちら。
s-121129 (1).JPG
城内監督と宮川監督がアプローチの手摺を施工中。
ジーパンなのは日曜日だから(笑)。
これだけの手摺に二人は大げさなんですが、実はこの手摺、LEDが仕込まれてまして。
暗くなると光るわけです。
夕方見るとなかなかカッコイイです。
気になる方は、見学会終了間際にお越し下さい(笑)。
で、手前にはウッドデッキが見えますね。
s-121129 (2).JPG
リビングから一体で繋がるようなウッドデッキです。
でも!
ただリビングと繋げるだけでは、本当の意味で「リビングと一体的なウッドデッキ」にはならない。
そこで、サイトプランニングをした建築家の村松篤氏はこのウッドデッキに、さりげない、だけど、凄い仕掛けを施した!
その驚愕の仕掛けとは…!!!
ジャーン! 続きは是非完成見学会で。
(と、本日は火曜サスペンス仕立て)
そうそう、見学会では分かりませんが、やっぱりデッキは長持ちしないと意味ありません。
『丈夫で長持ち』はマクスの基本のキ。
s-121129 (3).JPG
ウッドデッキ工事中の写真ですが、奥で社員大工の丸山がしゃがみ込んで何をやっているかと申しますと…
s-121129 (4).JPG
切り口に防腐塗料を塗っています。
でもこの切り口、緑色じゃないですか?
これは、桧の板を削って面を取って、打つばっかりにした後に、圧力釜に入れて防虫防腐剤(コレが緑色)を染みこませているからです。
切り口を見ると、それが染みこんでいるのが分かるわけです。
この「加工後防虫処理」というのは、マクスのウッドデッキの標準。
掘っ立て式の鳥居の経験から、コレが最も腐らない施工法だと確信しています。
【自然室温で暮らせる家を目指して 12/1,2(土日)びおハウスM完成見学会】s-121109 (10).jpg

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.