イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

FRPの格子の床

富士宮市で建築中の『びおハウスM』です。
s-121109 (4).jpg
黄色い矢印、建物中央の引っ込んだ場所には、ベランダがあるのですが、
s-121109 (1).jpg
ここは、FRP(強化プラスチック)の格子の床があります。
ベランダの構造材自体は桧で、桧に加工後、防虫防腐剤の圧力注入加工を施し、
さらに防腐塗料を塗ってあります。
その木部の上に、この格子の床がありますが、
s-121109 (2).jpg
格子と言うだけあって、下から見ると、透けてます。
真上を見上げれば、もっと良く分かります。
s-121109 (3).jpg
ご覧の通りです。
さて、なぜFRPの格子の床なのか…?
シミュレーションで見てみましょう。
s-121109 (5).jpg
じつは、夏はあまり意味はありません。
屋根の軒が深いので、ちゃんと日陰が出来ます。
s-121109 (7).jpg
見やすくするため、北側の壁と室内間仕切りを便宜上取り払い、室内側から見てみると、日陰が分かりますね。
一方冬。
s-121109 (6).jpg
冬は太陽高度が低いので、軒を深くしていても、温かいお日様の陽が家の中に入ってくれます。
中から見ると…、
s-121109 (8).jpg
こんな感じ。
二階のベランダが光を通すようになっている分、おまけで室内に光が入っているのが分かります。
こんな具合で、「びおハウス」には、色々な工夫が散りばめられています。
それもこれも、「自然室温で暮らす」事を目指しているからです。
いよいよ、明日は、足場がとれた様子をアップさせていただきます。
そして、お待たせしました、完成見学会の日程が決まりました!
【自然室温で暮らせる家を目指して 12/1,2(土日)びおハウスM完成見学会】s-121109 (10).jpg

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.