イベント

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

デリカテッセンの店舗兼住宅

今週二つ目の地鎮祭での様子をご紹介いたします。
同じ週に、二度の地鎮祭なんて、随分儲かっているように見えますね…(笑)。
このまま週二で地鎮祭を続けたら、年間100棟!
記憶力の薄い私にはお客様の顔を到底覚えられないしアフターメンテも不可能。
いやぁ…、まぁ…、つまり、たまたま重なっただけと言うことで…(笑)。
でも、お陰様で忙しいということは、大変有り難い限りでございます。
s-121019 (1).jpg
突然ですが、問題です。
「デリカテッセン」
って、なぁ?んだ?
セレブな皆さまは、知っていて当然な言葉かも知れませんが、田舎者の私は、恥ずかしながら、よく知らなかったのでした。
Wikiってみましょう、答えは、
「デリカテッセン(英語:Delicatessen、ドイツ語:Delikatessen)は、サンドイッチや持ち帰り用
 の西洋風惣菜を売る飲食店である。
 ラテン語のデリカトゥス(”delicatus”)を祖とし、ドイツ語で「美味しいもの」を意味する
 デリカテッセ(”Delikatesse”)の複数形であり(英語においてはドイツ語からの借用語である)
 そこからデリカテッセンを売る商店という意味が派生した。
 デリカやデリと略されることもある。」
です。
そう、今回のお宅は、フランス風デリカテッセンの店舗兼住宅なのです。
お店の詳細は、おいおい、しっかり宣伝させていただきますので、お楽しみに!

ちなみに、簡単なスケッチではありますが、
s-121019 (3).jpg
こんなお店になる予定です。

敷地が広いですが、建物の規模はそれほど大きくないので、造園工事に力を入れて、町中にありながら、森の中の隠れ家のような、そんな素敵なお店になるように設計しました。
お施主様にご満足いただくように頑張るのは当然ですが、地域の方々から愛されるお店にしなければいけない。
一般住宅に比べ、多くの方の目に触れるわけで、その分、プレッシャーも割増です(笑)。
関係各位、頑張るぞっ!
s-121019 (2).jpg
交通量の非常に多い交差点に面しているので、囲いと伸縮門扉にて、現地の養生を早速終えました。
昨日の続きで蛇足ですが、オプションじゃないです(笑)。

2012年10月19日

Post by 鈴木 克彦

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

お問合せ、ご相談も気軽にご連絡 無料相談会
fb 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.